海洋科学高等学校

TEL:046-856-3128 〒240-0101 神奈川県横須賀市長坂1-2-1

トップ > 専攻科

専攻科

漁業生産科

 専攻科漁業生産科は、海技士(航海)の資格取得を目指す学科です。 定員は10名で、漁業生産系の高等学校を卒業して関係単位を修得し、心身ともに健康で3ヶ月以上の乗船履歴があれば、受検できます。 3年間で培った知識や技術を一層深めるため、2年間の専門科目のみを履修するコースで、更に多くの特典が得られます。

授業内容

1年次

 1年次(1年間)は乗船実習を行います。 乗船実習の内容は、遠洋航海、沿岸航海、停泊実習、ドック実習等を行い、航海術全般・船の保守整備等の実務的な技術を更に深めます。

実習船からの朝日船の現在位置を知るために、六分儀(ろくぶんぎ)を使って天測

2年次

 2年次は座学と沿岸航海を行います。 教育課程は三級海技士(航海)以上の国家試験受験に対応しています。 座学での授業内容は、本科3年間の専門科目の内容を更に深く学習し、知識と実体験で得た知識、技術を関連づけて習得します。

資格

三級海技士(航海)筆記試験免除

第一級海上特殊無線技士など

進路
就職公務員(水上警察・消防・海上保安庁・練習船等)、水産・海運(漁船・商船・タグボード等)など
進学水産・海洋系大学
資格取得状況
平成27年度資格取得状況

三級海技士(航海)11名

第一級海上特殊無線技師11名

平成26年度資格取得状況

三級海技士(航海)10名

第一級海上特殊無線技師10名

平成25年度資格取得状況

三級海技士(航海)6名

第一級海上特殊無線技師6名

水産工学科

 専攻科水産工学科は、海技士(機関)の資格取得を目指す学科です。 定員は10名で、水産工学系の学科を卒業して、心身ともに健康で3ヶ月以上の乗船履歴があれば、受検できます。 3年間で培った知識や技術を一層深めるため、2年間の専門科目のみ履修するコースで、さらに多くの特典が得られます。

授業内容

1年次

 1年次は乗船実習と工場実習を行います。乗船実習の内容は、遠洋航海、沿岸公開、ドック実習などで、工場実習は民間の造船工場において行われます。 いずれも、船の動力源である機関装置の運転および保守・整備などの実務的な技術をさらに深めます。

学校の実習棟にあるエンジン実習棟での授業風景

2年次

 2年次は座学と沿岸航海を行います。教育課程は3級海技士(機関)以上の国家試験受験に対応しています。 本科3年間の専門科目の内容をさらに深く学習し、実習で得た技術と知識を関連づけて習得します。

資格

内燃機関三級海技士(機関)筆記試験免除

第一級海上特殊無線技士など

進路
就職造船、鉄鋼、自動車関連産業、運送業関連企業、エンジン製作・メンテナンス、港湾(代理店・荷役・倉庫等)、水産・海運(漁船・商船・タグボード等)、公務員(水上警察・消防・海上保安庁・練習船等)など
進学水産系大学・大学校、その他
資格取得状況
平成27年度資格取得状況

三級海技士(機関)2名

内燃機関三級海技士(機関)1名

平成26年度資格取得状況

三級海技士(機関)2名

内燃機関三級海技士(機関)3名

平成25年度資格取得状況

三級海技士(機関)2名

内燃機関三級海技士(機関)1名

情報通信科

 専攻科情報通信科は、無線従事者国家資格の取得を目指した教育機関です。 上級無線従事者の養成校は関東地区では本校だけとなっています。

5年間の専門教育

 入学定員は10名で入学試験は神奈川県の公立高校と同じ日程で行われます。 受験資格は高等学校卒業以上の方が対象ですが、本校の海洋科学科一般コース「海洋電子・情報通信系列」を卒業後に「専攻科情報通信科」に進学することを推奨しています。 その理由は「海洋電子・情報通信系列」での高校2年次3年次での専門授業や、放課後や夏休みなどの補習の積み重ねの上に「専攻科情報通信科」の国家試験の合格率や就職先があるからです。

授業内容

  1年次・2年次を通して、無線設備の操作と運用ができる総合無線通信士の学科と実技を中心に学習します。

大型実習船「湘南丸」レーダーマスト無線通信「モールス送信練習」

資格

第一級総合無線通信士(国家試験7科目のうち、「電気通信術」が免除)

第二級総合無線通信士(国家試験7科目のうち、「無線工学の基礎」「英語」「電気通信術」が免除)

第二級陸上無線技術士(国家試験4科目のうち、「無線工学の基礎」が免除)

第二級海上無線通信士(国家試験6科目のうち、「無線工学の基礎」「英語」が免除)

第三級海上無線通信士(修了者は免許申請のみで取得可能「成績に条件あり」)

進路
就職

水産庁(調査取締船通信士)、海上保安庁、総務省総合通信局、東京都警察情報通信部、 千葉県職員(漁業無線局通信士)独立行政法人水産総合研究所(調査船通信士)、国土交通省航空管制運航情報官 神奈川県職員(電気職)、横浜市職員(電気職)、成田空港情報通信株式会社、日本電子エンジニアリング株式会社、 株式会社SEIコミュニケーションズなど

資格取得状況
平成27年度資格取得状況

第一級総合無線通信士1名

第一級陸上無線技術士4名

第一級海上無線通信士4名

第二級総合無線通信士6名

第二級陸上無線技術士6名

第二級海上無線通信士5名

第三級海上無線通信士5名

平成26年度資格取得状況

第一級陸上無線技術士8名

第一級海上無線通信士8名

第二級総合無線通信士7名

第二級陸上無線技術士9名

第二級海上無線通信士9名

第三級海上無線通信士9名

平成25年度資格取得状況

第一級陸上無線技術士6名

第一級海上無線通信士6名

第二級総合無線通信士7名

第二級陸上無線技術士7名

第二級海上無線通信士7名

第三級海上無線通信士7名

ページのトップへ戻る